So-net無料ブログ作成
検索選択
2016 年度: 社労士 (見送り) ブログトップ
前の10件 | -

ネタ本を買ってしまった(真島のわかる社労士) [2016 年度: 社労士 (見送り)]

nenkin.jpg彼是15年くらい前に社労士の勉強でもしようかなと思い立ち(数か月程度でしたが)勉強していた頃の話ですが、社労士受験業界は真島一色だったように記憶してます。

真島式」とか「真島の理解学習」とか「真島の年金」とか。

かの有名な世紀の大誤植事件で完全に信用失墜、業界から抹殺されてしまったのかと思いきや、Amazonで見ていると一応、最新年度版の参考書も出されているので、息はされているのだと思いますが、昔の大隆盛のことを思えば見る影もなく、一抹の寂しさを感じます。



続きを読む


社労士受験で通信スクール推奨が多いのはアフィリエイト目的? [2016 年度: 社労士 (見送り)]

yamayobi-perfect1.jpgアフィリエイトと言えば、本ブログでもサイドバーや投稿記事内に(主にAmazon)アフィリエイト広告を貼り付けているわけですが、ブログを視覚的に彩ることが目的で、バナー広告のデザイン・イメージが本ブログに合いそうなものを適当にチョイスしています。

ブログランキングサイトに登録しているわけでもありませんから、日々の訪問者数も微々たるもので、当然アフィリエイト収入などというものはありません。(笑

【本記事は移転先Wordpressブログと同時アップです】



続きを読む


今年の社労士受験は断念(見送り)の方向 [2016 年度: 社労士 (見送り)]

散々悩みましたが、今年(平成28年)の社労士受験は断念(見送り)することとしました。

受験日(8月)まで未だ半年ほどありますが、テキストや問題集(一問一答や過去問集)での基礎学習をしていて、冷静に現状の理解度や知識の定着度を考えてみた時に、あまりにも準備不足。

昨年(平成27年度)の社労士試験は歴史的な超難関だったようで(合格率2.6%だったとか)、今年はリバウンドで易化されるかもしれず(?)、そうなると受験しておかないと後悔することになるかもしれませんね。

ただ、宅建士の勉強と同時進行となると、リアル(時間)の犠牲が大き過ぎることと、難易度も高く年に1度しか受験機会のない社労士よりも、FPを優先した方が今の自分にとってはベターと判断した次第です。




今更ながらの基本テキストの読み込み学習 (社労士) [2016 年度: 社労士 (見送り)]

jikkyou2.jpg社労士試験の学習の方なのですが、大人しく28年度の受験は見送った方が良いのではないかと乾いた笑いが出てきそうな状態です。

ヤマ予備スケジュールに追いついて社会保険科目(国民年金)を受講(ネット無料視聴)したのですが、さっぱり理解もできないですし、知識として暗記もできない

初学者が国民年金制度とだけ格闘していても埒が明かないため、先に進んで厚年や健保も一通り概観した方が良いのかもということで、「集中合格講座」テキストで三宅講師のCD講義を頼りに一気に終わりまで通してみたのですが、相変わらず意味不明な棒読みで、ますます脳内が混迷に陥る結果に。



続きを読む


とある独学・初学者の学習プラン 【社労士編】 [2016 年度: 社労士 (見送り)]

【本記事は改訂する可能性があります】



ネットで「○○士」(←資格の名前、ex.「社労士」、「行政書士」、「宅建」等々)と「独学」で検索すると、多くの方々の合格体験記や勉強日記がヒットするわけですが、「社労士」+「独学」の場合、他資格(行政書士や宅建)と比べて目立つのは、「独学は無謀」という体験談・アドバイス

また、本ブログと同じソネットブロガーの方で社労士挑戦されていた方のブログを拝読していたのですが(バロン様「総務部でもないのに社労士試験に挑む」」)、これだけしっかり・みっちりと勤勉に勉強され、全国模試で最上位クラスな方でも普通に5連敗できてしまう社労士試験の恐ろしさ。

私のような独学・初学者が、漫然と取り組んでも、5連敗どころか余裕で記録更新できそうな予感(悪寒)がするため、しっかりと計画的に進めた方が良さそうです。



続きを読む


復刻が待たれる社労士の名著「社労士試験合格実況本」 [2016 年度: 社労士 (見送り)]

jikkyou2.jpg社労士学習ですが、漸く(スケジュール上は)ヤマ予備のスケジュールに追いつきまして、社会保険科目(国民年金法)に突入したのですが、いやはや、大変ですね、年金の学習。

これまでの施策(各種の特例や経過措置)に対して突っ込みどころ満載ですし(=バカバカしくなってくる)、自分が将来貰える年金額のことを考えてしまうと学習のモチベーションが挫かれるという。(笑

このような厄介な爆弾(社会保険科目)を残しながら、労働科目も一通り表面を流しただけという状況では、到底、来年(28年度試験)の本試験に間に合いそうもなく、恐慌状態に陥りそうになりますが、こういう時だからこそ、初心と基本に立ち返ろうと、社労士試験の理解学習のためのヒント集を投入することにしました。



続きを読む


本試験そのままな社労士過去問を探してます [2016 年度: 社労士 (見送り)]

ukaruzo.jpg社労士試験ですが、気が付けば、来年8月の本番まで、そんなに日が残されているわけでもないことに(今頃)気が付いて、愕然としています。(苦笑

ヤマ予備のスケジュールに沿って進めているのですが(11月末時点で徴収法のあたり)、社会保険の最後にたどり着くのが3月末らしく、本試験が8月ですから、結構タイトですね。

(幾ら来年度は模試受験のつもりとはいえ、一応やれることはやった上で受けたいものです)

本来であれば、テキストや過去問を繰り返し、基本知識として定着化させた上で、未知の出題への対応力を養うために予想問題や模試にもしっかりと取り組むことが望ましいのだと思いますが、このスケジュール感ですと、ある程度工夫してやっていかないと、中途半端感を引きずって本番に臨むということになりかねません。



続きを読む


社労士試験と給与明細書とブルーカラー [2016 年度: 社労士 (見送り)]

【本記事は後日に全面改訂する可能性があります】



payment.jpg15年振りに社労士試験の勉強を始めているわけですが、独学者にとって史上最高学習環境が整っているなと思う一方で、相も変わらず難解・厄介な試験だな、と感じながら、ヤマ予備テキストと格闘しています。

平成27年度の合格率は2.6%だったそうで。

さて、社労士に限らず、難関試験の学習にあたっては、細かな規定や枝葉末節にとらわれてはNGで、全体像や幹を押さえることが重要であるとか理解学習が重要であるとか謂われるわけですが、




続きを読む


社労士の過去問について雑感 [2016 年度: 社労士 (見送り)]

【本記事は最寄の書店で実物を確認できない方向けです】



yamayobi-kakomon.jpg資格試験勉強方法で、誰もが唱える過去問の重要性。

過去問=実際に事実として出題されたことのある問題=出題者側が重視している論点と考えますと、この定説に対して異を唱える気はないのですが、ヤマ予備のテキストと過去問題集を眺めていて、おや?っと思った点がありまして、




【続きを読む】


【ヤマ予備レビュー】 山川講師 VS 三宅講師 [2016 年度: 社労士 (見送り)]

【本記事は最寄の書店で実物を確認できない方向けです】



yamayobi-miyake.jpg社労士合格を独学者で目指す受験生のための?ネット予備校ヤマ予備(山川社労士予備校)の、独学者向けコンテンツレビューの続きです。

前記事では、市販テキスト(5分冊の「PERFECT講座」と2分冊の「集中合格専門講座」の違い)について取り上げましたが、本記事では、ネット講座講師について取り上げてみます。




【続きを読む】


前の10件 | - 2016 年度: 社労士 (見送り) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。