So-net無料ブログ作成
検索選択

宅建の勉強開始前のウォーミングアップ① [2016 年度: 宅建 (2回目)]




nanami.jpg>前記事で、(不動産関係に)強い興味関心や必要性があるわけでもなく、何となく価値のありそうな資格を取得したいというだけの方には、宅建の受験はお勧めできない、という話をさせて頂きましたが、それでも宅建にトライしたいという方の方のために、独学初学者向けの勉強方法について書いてみたいと思います。

せっかく不合格(27年度)と合格(のはず、28年度)の両方を経験しているわけなので、あの時ああしておけば良かったと思うところを踏まえた内容を、何記事かに分けて書いてみたいと思います。




初学者は「基本書」を開く前に

独学初学者の場合、思い立ったが吉日で一日も早く勉強開始したいかもしれませんが、いきなり「基本書」(テキスト)に向かうのではなく、何冊か読み物(副読本)から始めることを強くお勧めします。

宅建は、住まい・不動産という具体的なものを対象とした実務実践的な内容ですので、リアルや実物のイメージが頭の中で湧かないと、テキストや問題集に取り組んでも、さっぱり理解できなかったり、覚えられない、という悪循環に陥ることとなります。

宅建・不動産に関する予備知識に自信が無いという方に、本格的な受験勉強を開始する前にウォーミングアップとして目を通して頂きたいのは、次のものです。

1. 例えば、悪徳リフォーム業者バスターとして著名な岩山健一さんの著書
2. 建築・建物に関する雑学本や図解本


岩山健一さんの動画や著書

別に岩山健一さんでなくても構いませんが、宅建受験者という特定の読者(受験生)向けに書かれたものではなく、一般人向けに書かれたもので、気軽に読めるものであれば何でも構いません。




さらば、欠陥マンション

さらば、欠陥マンション

  • 作者: 岩山健一
  • 出版社/メーカー: 情報センター出版局
  • 発売日: 2006/02/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



Youtubeにも悪徳リフォーム業者との対決動画や欠陥住宅動画がアップされてますので、そちらも視聴してみると参考になるかと思います。




建築のビジュアル本

建試験では、建築物や建築材料そのものの出題は50問中1問だけですが、建築基準法からの出題も2問ありますし、これらに限らず、建築や不動産のイディオムについて、少しでも知識ストックがあったり、イメージが湧くようにしておいて困ることはありません。

下記は適当にピックアップしたものですが、私は恥ずかしながら、こうした用語について殆ど知識ゼロでしたので、図解付きの入門書を買ってきて、ざっと目を通しました。


・ ベタ基礎・布基礎・杭基礎
・ 土台・柱・筋交・胴差
・ 在来工法・ツーバイフォー、プレハブ
木材・鉄筋・コンクリート、モルタル
・ 瓦屋根・スレート屋根・金属屋根
・ 都市ガス・LPガス
・ ロープ式・油圧式(エレベーター)
・ 増築と改築

建築のしくみ (図解雑学)

建築のしくみ (図解雑学)

  • 作者: 齊藤 祐子
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本



知っておきたい! 最新 図解 建築基準法と消防法のしくみ (すぐに役立つ)

知っておきたい! 最新 図解 建築基準法と消防法のしくみ (すぐに役立つ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三修社
  • 発売日: 2016/08/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





どちらにせよ、受験勉強に着手する前のウォーミングアップですから、無理して暗記しようとする必要はなく、読み物として流し読みする程度で十分です。

時間も、個人差あると思いますが、数日~1週間程度かければ十分だと思います。

上に挙げたものの他にも「基本書」に先立って目を通しておくと良さそうなコンテンツもあるのですが、長くなってきましたので、続きは別記事にて書きます。








Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。